Menu

狭さなんて気にならない!狭小住宅のメリット!


狭小住宅の特徴とは?

狭小住宅とは、狭い土地に建てられた家族が住めるだけのスペースの家を指します。都会の住宅地に多く、3階建ての家が多い傾向にあります。更に、地下室や屋上などにもスペースが設けられている場合もあります。狭小住宅はその文字からして、狭く小さく住みにくいという印象が持たれがちですが、実はメリットが多く挙げられるのです。

さまざまな費用を抑えることが可能!

どうしても都会に住みたいけれど、広い土地は空いていない上にお金がかかってしまう。一方で、狭い土地は探せば意外と多く見つかりますし、お金も節約できるのです。例えば、土地が狭いだけにその分の土地代を抑えることができます。また、土地の広さによって金額が決まる固定資産税などの税金も抑えられます。更に、生活スペースに広さがない分、水道光熱費なども抑えられるメリットがあります。

壁を取り払った分を有効活用!

狭小住宅ではスペースを広くするために、壁を取り払う家が多くあります。壁の部分のスペースをちょっとした収納にしたり、リビングやそれぞれの部屋に充てることができます。壁がないことで家族との距離感も近くなり、いつでも家族団らんを楽しむこともできます。

シンプルで住み心地の良い家に!

狭小住宅を選択した人の中には、持ち物が多くないため広くなくてもかまわないというケースもあります。やむを得ず狭小住宅を選んだ場合でも、必要のない物を断捨離できて住み心地が良くなったという声もあります。物を置くスペースがあまりない分、本当に必要な物を厳選できて、物を多く持たないシンプルな暮らしにすることができるのです。物が溢れることもなさすぎるのも良いとはいえません。ほどよく物を残すことがポイントです。

狭小住宅でも叶えられることやメリットはあります。都心部に建てられることができる他、固定資産は安く抑えられ、また空間を上手く活用することでスペースを広く設けることも可能です。