Menu

注文住宅を建てるためには土地探しが大切です!


不動産屋に相談して探してもらう!

注文住宅を建てるためには、家を建てるための土地が必要です。その土地をすでに親から譲りうけて持っているとか、それ以外の理由でも持っている人は別ですが、一般的には土地探しからスタートすることになるでしょう。土地探しは不動産屋に相談することで色々と情報を集めてくれます。情報を集めて紹介してもらい、土地をチェックしてみましょう。良い条件の土地ほど、坪単価は高めの設定になりますが、やはりできるだけ良い土地に注文住宅を建てておくのが理想的です。

土地の地盤がしっかりしていること、南向きに面していること、間口が広いこと等、色々な条件により坪単価は変わります。どんなところに土地を購入したいのかを事前に確認しておき、理想の土地を不動産屋とともに探していきましょう。土地探しが成功しなかったら、せっかくの注文住宅建築もうまくいきません。

家族構成にあった間取りの家を建てよう

建売一戸建て住宅の場合は、基本的にすでに出来上がっている家を購入するため、完ぺきに自分の理想通りの家というわけにはいきません。しかし、注文住宅であれば、最初の設計の段階から自分の理想を組み立てていけます。ですから、理想通りの素晴らしいマイホームを手に入れることになります。どんな間取りにするのが良いか、設計士と相談しながら組み立てていくことになります。今の家族構成で考えるのではなく、今後の家族構成のことも考慮した上での間取りを作りましょう。家族によって生活スタイルも違うので、生活スタイルにあった家を建てましょう。

3000万の家は土地代抜きで坪単価50万から60万円くらいで、全国的に平均的なグレードと広さの家を建てることができる価格帯です。