Menu

別荘は理想と現実のギャップに注意!!その地のデメリットも理解しよう!!


海岸沿いなどの傾斜地にある別荘地

海に近い宿泊施設を利用するときはやはり窓から海が見える部屋を選ぶでしょう。さざ波の音が聞こえたり水平線上の朝日や夕日を眺めると日常生活を忘れられます。宿泊施設で海辺の生活を体験するだけでなく、自分の別荘でそれが叶えたいと思う人もいるかもしれません。別荘地として人気があるところとして海岸や湖岸などの傾斜地があり、そちらに建物を建てれば窓から海や湖などが見放題です。週末に来たり夏に長期休暇を取って利用するなどいろいろな楽しみ方ができるでしょう。ただし傾斜地の別荘地に関しては造成済みかどうかの違いがあり、傾斜のままだと基礎工事に費用が掛かる可能性があります。土地代は安くても、建てられる状態にするのにお金がかかるときもあるので、それを知った上で検討しましょう。

避暑地は冬に雪が積もる可能性

東京や大阪は真夏になると沖縄よりも気温が高くなるときがあります。ヒートアイランド現象が原因のようで、日常生活にエアコンは欠かせません。エアコンがない生活をしたいなら自然の中の避暑地が良く、別荘を持っていれば夏の暑い時にエアコンが無くても涼しく過ごせるでしょう。都市部から比較的楽に行けるところもあるので、週末だけ過ごす場所としても使えそうです。避暑地に別荘地を買って新たに建物を建てるとき、夏以外の季節にその地がどうなるかも知っておきましょう。避暑地は夏は涼しいものの冬はかなり寒くなり、雪がたくさん積もるところもあります。となると基礎工事や建物自体も雪や凍結に対応しなければいけないので、建築費用が高めになるかもしれません。

八ヶ岳の別荘地域で、たまにしか来ないオーナーへ住民より高い水道料金を課そうとした自治体がありました。水道設備を維持するための費用負担で揉めないためには、井戸水使用の別荘購入がおすすめです。