Menu

どのように探したらいいの?賃貸物件の探し方を知ろう


駅からの距離をよく考えておく

賃貸物件を探す場合には、利便性も重要になります。自分が一人暮らしで賃貸物件を選ぶ場合や、家族で住む場合にも駅を利用する必要がある場合には駅からの距離が重要になります。駅からの距離は近ければ近いほど良いという意見もありますが、あまり駅から近すぎると車の通りや人通りが多く外がうるさい可能性もあります。そのため、単に距離だけを見るのではなく周りの環境などもよく考えておく必要があります。また、駅から近いことにより、家賃が高くなる恐れがあるでしょう。一般的には、駅に1km近付くごとに家賃が1万円程度高くなる可能性があります。その点をよく考慮しながら賃貸物件を探しましょう。せっかく良い物件を手に入れても、家賃を払うことができずに手放してしまってはもったいないです。

住環境もよく考えること

賃貸物件を借りる時には、そこに住む環境もよく考えなければいけません。例えば、賃料が安い物件を手に入れたとしても、周りに工場などがあれば昼間はうるさい可能性があります。特に最近は、夜勤の人が増えてきているため自分がもし夜勤労働者ならば昼間眠ることになります。昼間眠るときに、工場などの音がうるさければ十分に睡眠をとることができないでしょう。もし物件を見学する場合には、休日の時間帯に見るだけでなく平日などの時間帯にも見ておいた方がよいです。そのように、平日と休日の両方を見ることで住環境がわかることも少なくありません。後は、賃貸物件の住人の質などを見ておく必要があります。住人の質は、ごみ箱や自転車の駐輪場などを見ればおおむねわかるでしょう。

苫小牧の賃貸物件の家賃は事務所や店舗などが近隣地域より割高になっています。これは苫小牧が工業地域であり、業務用の物件の需要が高いのが大きな理由です。また、物件の数自体が少ないのも高額化を招いています。