Menu

子育て世帯が注文住宅を建てる際の間取りのポイント


玄関とリビングを重視しよう

注文住宅を建てる場合には、まず間取りを決める必要がありますが、その際には家族構成を踏まえて設計する必要があります。子育て世帯の場合には、ベビーカーや子供の遊び道具などを置いておけるよう玄関はなるべく広めにし、また両親と子供がしっかりとコミュニケーションを取れるようにするためにリビングやダイニングは少し大きめのスペースを確保するようにするのがおすすめです。

小学校低学年くらいまでは、学校の宿題もリビングでさせた方が親としても安心ですので、机や本棚を置ける場所もあらかじめ用意しておくと良いでしょう。できれば、学校から帰ってきた子供が親と必ず顔を合わせられるように、2階建て以上の建物にする場合は階段をリビングに設けるといった工夫も有効です。玄関とリビングを通じて親子がかかわりを持てるようにすると、住み始めてからも笑顔が絶えない家にできるはずです。

子供が喜ぶ子供部屋づくり

子供がある程度大きくなってくると、自分の部屋を持ちたがるようになります。その時に備えて、あらかじめ子供部屋を用意しておくのもよいのですが、その間取りを少し工夫するだけで、子供にとって理想の部屋が実現できます。例えば、天井部分に余裕がある場合には、ロフトを設けてあげるとよいでしょう。子供にとってロフトは秘密基地のようなものですので、そこを使って様々な遊びを考え出してくれるはずです。ただし、落下すると危険なので、しっかりとした柵を取り付けるなど、安全面には十分に注意するようにしましょう。

千葉の注文住宅では快適さを追求した商品があります。化学物質を使わなかったり、天然の素材を使うことで生活する際の気持ちを高めてくれます。