Menu

1月から3月がねらい目?部屋探しに向いている時期とは


部屋探しのベストシーズンとは?

賃貸物件を選ぶベストなシーズンは、1月から3月と言われています。ほとんどの会社は4月に新しい年度を迎えるため、そのタイミングで異動や転勤の辞令が下ります。引っ越しの準備が1月から3月に始まるため、空き部屋が出やすくなるというわけです。また新卒社員も4月に入社するため、学生時代を過ごした部屋を1月から3月の間の引き払うため、空き部屋が出やすくなります。さらに新卒社員、転勤者、大学の新入生などの需要が高まる時期だということを見越して、不動産の大家さんが、この時期をめがけて新しい賃貸物件を用意しています。このような流れがあるため、1月から3月はたくさんの賃貸物件が市場に出回るというわけです。空き部屋がたくさんあれば、自分好みの部屋に出会いやすいため、部屋探しにぴったりの時期といえます。

オフシーズンにゆっくり部屋探し!

1月から3月は、空き部屋が出回りやすく、部屋探しにおすすめの時期ですが、逆を言えば不動産屋さんがとても忙しい時期でもあります。そのため内見などをゆっくりしたい人にとって、慌ただしい雰囲気になりがちです。また部屋を探しているライバルも多いため、気に入った部屋があった場合も、契約を迷っているうちに、他の人に入居されてしまうということが起こりがちです。落ち着いて部屋探しをしたい人には向かない時期と言えそうです。そこであえてオフシーズンを狙い、ゆっくりと部屋探しをする方法もあります。5月から夏にかけては部屋探しをする人が少ないため、不動産屋さんは時間に余裕があり、より丁寧な対応が期待できます。

室蘭の賃貸物件の中には、学生向けのものが多数取り揃えられています。その特徴としては学校から近かったり、学割を実施しているというものがあります。