Menu

北国ならでは!北海道で賃貸物件を選ぶ際のポイント3選


窓の構造は要チェック

本州では窓ガラスと言えば、単純にガラス1枚の物が一般的です。しかし、北国である北海道ではそうではありません。複層ガラスと呼ばれる、2枚のガラスを空気の層を挟んでくっつけた物が普及しています。また、窓のサッシも樹脂で作られているタイプが9割以上を占めていると言われています。これはどちらも、断熱性や結露の発生しにくさが高い構造になっており、北海道の厳しい冬の寒さを乗り越える為には必需品とも言えます。本州ではあまり見慣れない物ですが、北海道で賃貸物件を探す際は要チェックです。

バルコニーが付いていない物件も多い

北海道は年間を通じて気温が低く、真冬は日中でも氷点下を下回ることも珍しくありません。また、年間日照時間も全国36位と決して多いとは言えない地域です。その為、北海道では洗濯物は部屋干しが基本となっているそうです。雪が積もってしまうリスクもあり、賃貸物件ではバルコニーが付いていない場合も多いとのこと。一見日当たりが良さそうに見える物件でも、北海道ならでは理由があるようです。

暖房設備の長所・短所を考えよう

北海道ではその気候から、様々な暖房設備が普及しています。賃貸物件もエアコン付き、ストーブ付き、床暖房付きなど様々です。本州ではそうではないかもしれませんが、北海道で賃貸物件を探す際には、暖房設備の種類選びが最も重要だとも言えます。暖房設備にはそれぞれコスト面や使いやすさの面で長所・短所があります。北海道は年間の半分以上の日で暖房が必要だとも言われますから、より良い生活の為には、自身のライフスタイルに合った物を選ぶのが大切ですね。

エアコン完備の物件も取り揃えているのが、網走の賃貸業者です。そのため冬でも夏でも快適に過ごすことができます。