Menu

北海道で暮らしたい人必見!北海道の賃貸事情を紹介しています!


お部屋の規模ごとの賃料相場

自然豊かな四季を楽しめる北海道は人気の移住先。広大な大地でのんびりと暮らす生活に憧れて、北海道への引越しを考えている人も多いのではないでしょうか。そんな北海道の賃貸物件ですが、他の都府県に比べると賃料は低い傾向にあります。地域差が多少あるものの、例えば単身者向けの1Kや1DKの賃貸なら3万円前後で借りられることがほとんどです。東京のような大都市ならこの安さは考えられませんよね。また、少し広めの1LDKでも4万円ちょっとと割安な賃料です。5万円も出せば、夫婦でも暮らせるような2LDKの物件が見つかる地域もあります。このように北海道の賃貸物件は低い賃料設定になっていることが多いので、家賃を抑えながら暮らしたいという人にとっても北海道はオススメの移住先だと言えるでしょう。

北海道の冬を甘くみてはいけない

賃料も比較的に低く、お得に暮らすことが出来そうな北海道ですが、ただ一つだけ難点があります。それは冬の厳しさです。北海道で暮らしたことのない人は北海道の冬に対して「真っ白で綺麗」なイメージを持っていることが多いのですが、長く北海道で暮らしているとそんなイメージは無くなります。まず、大量に降り積もる雪を除雪するのが面倒ですし、そして何より寒いです。秋の終わり頃から春先まで気温が低いせいで、暖房費も高くなりがちです。そのため、せっかく賃料の低い物件を見つけても、暖房を使ってしまう10月から4月にかけては5,000円から10,000円ほどの暖房費が上乗せされるためお得感が少なめです。北海道への引越しを考える際には、これらのデメリットもしっかりと理解しておくことが重要です。

江別に初めて住む人が江別の賃貸物件を選ぶときには立地に注意しましょう。交通の便だけでなく自然災害を考慮した安全性を重視するのが大切です。